【6月締め会・懇親会レポート】MVP発表、新入社員LT、スーファミなど盛りだくさん!

こんにちは!playgroundインターン生の中村です。早いもので2019年も半年が過ぎてしまい、もう7月。playgroundは2019年後半も明るく突っ走って行きます!playgroundでは、6月も恒例の締め会を行いました。今回はその様子をお届けします。

毎月の締め会後に開催する懇親会はゲームやスポーツ観戦などレクリエーション的要素が強かったのですが、今回は締め会を第一部・第二部とわけ、社内の人々や業務について理解を深められるように構成を変更しました。

・第一部…部署別に業務について発表
・第二部…カジュアルな雰囲気で飲食をしながらゆるく会社や仕事について理解する

【第一部】各チームと代表 伊藤からの月次活動報告とMVP発表!

第一部では、各チーム別に月次活動報告を行いました。端的に要点を報告するために制限時間は5分。各部署ピリっとした雰囲気の中、発表しました。代表 伊藤からは新しいメンバーも増えたこともあり、playgroundのVision、Mission、Valueについてと、起業当初の想いが説明されました。

「人生の究極的目標は思い出づくり」
この言葉は、伊藤代表の話の中で、私が印象に残った言葉です。伊藤代表が起業した背景には「いかに自分が満足した人生を歩めるか」がありました。それは、名誉や地位といった自己満足的なものではなく、「文化祭のように自分もチームも楽しみながら」「自分が作るもので他人の満足を得る」ことで、自分が満足できるということでした。そんな思いから生まれたplayground。企業名や企業ロゴにもこの想いが込められているんです。詳しくはまた次の機会にご紹介します!お楽しみに!


MVP発表!今回は…広報・業務推進の田代さん!

↑MVPの喜び弾ける田代さん

playgroundでは四半期に一度、MVPの投票・発表を行っています。今回の投票率はなんと100%!MVPの投票は、普段業務に関わることが少ないメンバーにも目を向けて考えることができるので、改めて広い視野で社員を見ることができる良い機会だなと実感しました。


MVPを受賞された田代さんに寄せられたコメント
・八面六臂の活躍
・どんどん自分の領域を広げている
・どんな仕事でも常に前向きに取り組み姿はスタートアップで働く人が見習うべき
といったコメントが寄せられていました。田代さんの活躍はビジネスウーマンとして憧れです。私も刺激をもらいながら、頑張りたいと思いました!褒める文化を大切にしているplayground。これからも、人の良いところを見つけながら、個人の成長、企業の成長に結びつけていきたいです。さて、来期のMVPは誰になるのでしょう。楽しみです。

【第二部懇親会】インターンから新入社員二人のLT、社員LT、スーファミ

第二部はサンドイッチやお酒片手に、カジュアルな雰囲気でLTを聞きながら懇親会が行われました。まずはみんなで乾杯。

↑会社からほど近い「KING GEORGE」のサンドイッチボックス。萌断…

インターン生から新入社員になった二人のLT
第二部のはじめは、インターン生から新入社員になったエンジニアの蔡さん、駱さんのLTからはじまりました。この4月から、playgroundでは初めてとなる新卒入社をしたお二人。インターン時に学んだことや、社員になって感じた事などをプレゼンしてもらいました。

↑学んだこと、これからしていきたいことなど、細かく落とし込み美しくスライドにまとめていた蔡さん。

↑なんと、めんどくさい工数を入力をプログラミングで作ってしまった駱さん。社員一同感動。


もともと留学生だったお二人は、playgroundのインターンでエンジニアとしての開発スキルだけでなく、コミュニケーションスキルも磨いたようです。今後のお二人の成長が楽しみですね。
聞いていたある社員からは「会社って人の人生、成長を乗せて走ってるんだなぁと実感できました。」という声があり、playground初の新卒新入社員のLTは、社員からも好評でした。


playMeetupのLTを社員にお披露目
ある社員から、「playMeetupのLTが聴きたい!」という要望があり、予定にはなかったですが急遽行うことになりました。エンジニアの仕事や想いをビジネスサイドの社員も含めて共有することができ、社員の心が改めて一つになった気がしました。

最後はスーファミ(スーパーファミコン)を楽しむ

社員たちのLTの後には、スーファミを社員みんなで楽しみました。若い社員が多いplaygroundですが、スーファミに親しみのある人とない人がいて、若干なジェネレーションギャップが生じていた模様。いつも仕事に打ち込むみなさんですが、ゲームにもやはり本気な眼差しを向けて遊んでいました。“Enjoy the game, play hard.” 仕事は楽しく、遊びはまじめに というvalueを掲げているplaygroundらしい風景でした。


今回の締め会・懇親会は、様々な社員の「仕事に対する想い」が見えた会になりました。普段同じ部屋で仕事をしていても、仕事に対する想いを知る機会は意外と少ないのではないでしょうか。会社や社員の真面目な部分やカジュアルな部分も知れた、素敵な時間になりました。
ではでは、playgroundの今後の懇親会レポートもお楽しみに!


スキありがとうございます!
18

playground株式会社

デジタルの力でスポーツ・エンタメ業界を盛り上げる総合エンターテック企業、playground株式会社の公式noteです。コネクテッドスタジアムプラットフォーム「MOALA(モアラ)」とマーケティング支援サービスを提供しています。

#Diary

playgroundの日常をお届けいたします!