一日一褒めの習慣で、社内に活気が溢れた話。
見出し画像

一日一褒めの習慣で、社内に活気が溢れた話。

こんにちは、インターン生の藤原です!

突然ですが、皆さん!
人から褒められたとき、どんな気分ですか?

多かれ少なかれ、誰しも人から褒められた経験はあると思いますが、褒められて悪い気がする人なんて誰もいないはずです。
自分のした事を評価してもらえたり、それに気づいてくれる人がいるととても嬉しいですし励みになりますよね。


では逆に最近いつ人を褒めましたか?

いきなり聞かれても思い出せないなぁという方がほとんどかと思います。
褒めたり感謝したりすることって簡単に思えますが、照れやプライドの高さが邪魔して意外とできていないことが多いかもしれません。


直近でいつ褒めたか思い出せなかったよ、、、というそこのあなた!
今日から一日一回、playgroundの私たちと一緒に、誰かを褒めること始めてみませんか?


Praise and Energize -仲間を讃え、チームに活気を-

これは弊社の行動指針の一つで、playgroundでは積極的に仲間を讃え合う習慣があるんです!

弊社がコミュニケーションツールとして利用しているslackの#praise with respectというルームで日々感謝やリスペクトを伝えあっています。

画像1


せっかくなのでいくつかご紹介しようと思います!

画像2

どんな一言なのか気になりますね。きっと素晴らしいお言葉なのでしょう。
私にも喝を入れていただきたいです。


画像3

これぞ、チームプレイ!素敵ですね!!
このように#praise with respectは、自分が仕事で助けてもらった時に相手に感謝を伝える場でもあります。


画像4
掃除や片付けなどの少し面倒な作業も会社では必ず誰かがやらなければなりません。
進んでやってくれたインターン生へ、社員さんから感謝のメッセージが送られました!
どんな仕事も感謝をされると嬉しいですよね!


画像5
それぞれの能力を生かせる環境って素敵ですね!
同じ大学生として英語を仕事に生かされているの尊敬します!!


いかがでしたでしょうか?


紹介したのはほんの少しですが、playgroundではこんな感じで毎日仲間を褒め合うことを習慣にしています!
Praise and Energizeの言葉の通り、褒め合うことでチームに活気が生まれ、誰もがハッピーな気持ちで働けますね!


私も常にアンテナを張って、メンバーの良いところに気づき、伝えられるよう意識していきたいと思います!
皆さんもぜひ、1日1褒めを心掛けてみてはいかがでしょうか?

それでは!

これからもよろしくお願いします!
総合エンターテック企業、playground株式会社の公式noteです。夢を与える仕事を、夢の職業にすることを目指し、業界の収益性向上につながる「デジタル技術」の開発・提供を推進しています。