playground株式会社

総合エンターテック企業、playground株式会社の公式noteです。夢を与える仕事を、夢の職業にすることを目指し、業界の収益性向上につながる「デジタル技術」の開発・提供を推進しています。

#Voice

playgroundが提供するエンタメDX支援プラットフォーム「MOALA」の活用事例をご紹介しています。

  • 2本

Voice#2[VOREAS] 北海道のプロバレーボールチームがMOALAを"フル"活用!

playgroundのnoteマガジン「#Voice」では、弊社が提供するスポーツ・エンタメDXプラットフォーム「MOALA」導入先からの声をお届けします。 DXの最先端を目指す北海道のプロバレーボールチーム今回は、男子プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」を運営する株式会社VOREASでの「MOALA」活用事例です。 MOALA Ticket、MOALA QR、MOALA Live Storeと、MOALAのすべてを活用してDXを積極的に進めているVOREAS。 導

スキ
8

Voice#1[早慶クラシコ]大学スポーツの新たな挑戦をQuick Ticketでアシスト

はじめまして、playgroundインターン生の元島です。 noteマガジン「#Voice」では、コネクテッドスタジアムプラットフォーム「MOALA」の活用事例をご紹介しています。 70年の歴史を誇る『早慶クラシコ』 今回は、私もアンバサダーとして運営に携わっていた今年度の第70回早慶サッカー定期戦、通称『早慶クラシコ』の「Quick Ticket by MOALA」活用事例です。同イベントにおけるQuick Ticketの導入経緯やその効果について、早慶クラシコ』を運営す

スキ
8

#News

playgroundのニュースをまとめています。

  • 17本

”新たな日常をつくる企業”として、『ニュー・ノーマル・テックピッチ』に登壇してきました

今回は、弊社代表の伊藤が登壇したイベントについてご紹介します! 内閣官房主催『ニュー・ノーマル・テックピッチ』 7/15(木)にオンラインで開催されたイベント『ニュー・ノーマル・テックピッチ』とは、 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、改めてさまざまな局面で新しいサービスや技術が求められる状況になった中、新たな日常の構築に貢献するサービスや技術を持ったスタートアップによるピッチ(*1)イベント です。 (*1)事業のプレゼンテーションのこと

スキ
3

With/Afterコロナのエンタメビジネス カオスマップ【2020年10月版】を公開しました!

以下より、PDFファイル形式でダウンロードいただけます。 ▼資料ダウンロード エンタメビジネス カオスマップ【2020年10月版】とは playgroundは、「夢を与える仕事を、夢の職業にする。」をコーポレートミッションとして掲げ、デジタルの力でスポーツ・エンタメ業界の収益性を引き上げることを目指している総合エンターテック企業です。 本カオスマップは、playground独自の視点でWith/Afterコロナのエンタメ業界を支える各社を「リアルエンタメ」「OMOエ

スキ
93

【掲載情報】@ITのGo Global!のコーナーにて、エンジニア蔡のインタビュー記事(前編) を掲載いただきました。

5月28日(木)の@ITにて、エンジニア蔡の取材記事を掲載いただきました。 <お問い合わせ> *「MOALA」の導入・連携をご検討の企業様、取材をご希望の方はこちらまでお問い合わせください。 *playgroundでは一緒に働く仲間を探しています。興味を持って頂けた方は、こちらよりご応募ください。

スキ
2

【大募集】あなたのお笑いライブ情報を国内No.1のお笑いライブ検索メディア「ワラリー!」に掲載しませんか?

この度、playgroundはお笑いライブ検索メディア「ワラリー!」の運営会社になりました。 この「ワラリー!」に掲載していただけるお笑いライブ情報を大募集しています! 「ワラリー!」ってなに?お笑いライブ検索メディア「ワラリー!」は、日本一お笑いライブファンが集まるメディアとして年間計約25,000本を超えるお笑いライブ情報を掲載しています。 全国のお笑いライブを日付や好きなキーワード、出演者の名前などでを横断検索できるのが特長です。 最近では、お笑いライブの情報の

スキ
7

#Diary

playgroundの日常をお届けいたします!

  • 20本

一日一褒めの習慣で、社内に活気が溢れた話。

こんにちは、インターン生の藤原です! 突然ですが、皆さん! 人から褒められたとき、どんな気分ですか? 多かれ少なかれ、誰しも人から褒められた経験はあると思いますが、褒められて悪い気がする人なんて誰もいないはずです。 自分のした事を評価してもらえたり、それに気づいてくれる人がいるととても嬉しいですし励みになりますよね。 では逆に最近いつ人を褒めましたか? いきなり聞かれても思い出せないなぁという方がほとんどかと思います。 褒めたり感謝したりすることって簡単に思えますが、

スキ
6

恵比寿周辺のおすすめランチ紹介 vol.1

「食べることこそ生きがい」 どうも、餃子大好きインターン生、藤原です。 朝から晩まで働く社会人の方にとって、ランチは唯一の息抜き、且つ至福の時間ですよね。 ただ、社会人は何より、、、、忙しい!!!! 「お店を選ぶ手間が面倒で、結局行きつけの所ばかり行ってしまう」 「時間なくていつもコンビニで済ませちゃう」 そんな皆さんにも、美味しいご飯を食べて午後もお仕事頑張っていただきたい!という一心で、 今回は美味しい&お得な、個人的恵比寿周辺おすすめランチを5つご紹介します!

スキ
6

スタッフの愛猫紹介

こんにちは!三度の飯よりパグが好き(もちろん猫も好きです) どうも、インターン生の藤原です! 「playground、猫飼っているスタッフが多いらしいよ?」という噂を耳にし、 昨今の猫ブームも踏まえ、これは記事にしなきゃ、、!!と謎の使命感に駆られました。(笑) 猫って自由気ままで甘えん坊というイメージが強いのですが、 playgroundスタッフの愛猫達はどうなのでしょうか。。気になりますね。 今回は、実際に猫を飼っている弊社スタッフに ・猫種、名前、性別、年齢 ・

スキ
5

時間がいくらあっても足りない!?好きなエンタメを熱く語り合おう【9月懇親会レポート】

こんにちは。playgroundインターン生の安江です。 10月に突入し、一気に肌寒くなってしまいましたね。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、温かい服装の心がけや手洗いうがいを引き続き大切にしていきましょう!それでは、9月の懇親会の様子をお送りします。 playground、9月の懇親会 今回の懇親会の内容は… ・9月誕生日メンバーをお祝い ・インターン生持ち込み企画「自己紹介をエンタメで語る」 の2本立てでした! ※出社希望者は、出社前の検温、会場入場時の手指消毒、

スキ
4

#Service

playgroundの提供するサービスについてご紹介します。

  • 3本

コロナ禍のリアルイベントに最適!「MOALA QR」って?【サービス紹介第三弾】

今回は、playgroundのサービス紹介第三弾です! (第一弾:MOALA Ticket / 第二弾:MOALA Live Store) MOALA Ticketの記事でもこちらの機能については少し触れましたが、 withコロナのイベント開催で大大大活躍中の「MOALA QR」について、更に詳しくご紹介していきたいと思います! MOALA QRとは?紙チケットが抱える課題についてはこちらの記事で詳しく触れていますが、紙と電子の両立や電波問題、根深い問題である不正転売など

スキ
12

withコロナで大活躍!「MOALA Live Store」って?【サービス紹介第二弾】

今回は、playgroundのサービス紹介第二弾です! (第一弾のMOALA Ticketについてはこちら) 実は、playgroundは電子チケットだけの会社じゃないんです。 コロナ禍で多くのエンタメ興行主を支えている、もう一つの弊社の主軸事業「MOALA Live Store」について詳しくご紹介していきます! MOALA LIVE Storeとは?MOALA Live Storeは、有料ライブ配信やグッズ、電子チケットなど、ライブ運営に関わるあらゆる商品を1つのプラ

スキ
10

世界一簡単な電子チケット「MOALA Ticket」って?【サービス紹介第一弾】

私たちplaygroundがどんな会社なのか、何を目指しているのかをこちらの記事で紹介させて頂きました。 今回からは、playgroundが提供するサービスについて更に詳しく紹介していきたいと思います! 記念すべき第一弾は、playgroundの代表サービス「MOALA Ticket」のご紹介です!! 「紙チケットの課題って?」「チケットを電子化するメリットは?」 こんな疑問にもお答えします◎ MOALA Ticketとは?MOALA Ticketは、チケット販売事業者や

スキ
9

#Interview

playgroundのスタッフインタビューをお届けいたします!

  • 16本

インターン生も正当に評価します。「シニアインターン生」恩田さんにinterview!

こんにちは!ジュニアインターン生(そんな制度はないですよ笑)、藤原です。 インターンを探している皆さんにとって、インターン生も活躍でき、正当に評価されるかどうかは、会社選びの大きな基準ですよね。 40名ほどのスタッフが在籍しているplayground。そのうちインターン生は約4分の1を占めているのですが、「シニアインターン」と呼ばれるインターン生がいるのはご存知でしょうか? 「おじいちゃん、おばあちゃんも働ける会社ってことですか?」 すいません。残念ながら、My Int

スキ
8

「本当はplaygroundでまだ一緒に働きたい。」それでも、会社ではなくサッカーを選ぶ理由と、これからの展望。

今回はplaygroundを退職しサッカーに専念する中野さんに、今までのことを振り返りつつ、今後の目標などをインタビューしました! プロフィール playgroundアルバイト 中野龍(前回のインタビューはこちらから) 7歳の頃からボールを蹴り始め、小学校で本格的にサッカーをスタート。 中学は静岡学園に入学。高校卒業後、1年間仕事をしながら社会人サッカーチームに所属。翌年、アルビレックス新潟シンガポールでプロとしてサッカーを行う。現在は、本田圭佑が立ち上げたサッカーチーム

スキ
8

【特別取材】コロナをチャンスに変えたplayground代表が語る、エンタメDX構想【後編】

前編に引き続き、スポーツ・エンタメの DX を推進してきた弊社代表の伊藤が語るエンタメ業界における現在の課題と今後の展望をお送りしています。(前編の記事はこちら) 後編では、日本でエンタメDXが進まない理由や、実際にplaygroundがおこなっているDXについて詳しくお話ししていきます。 playgroundによる“入場管理DX” ー今playgroundが目指そうとしているエンタメDXっていうのは、どういうものをどういう風に“一切を変える”話なんでしょうか。 「入場管

スキ
7

【特別取材】コロナをチャンスに変えたplayground代表が語る、エンタメDX構想【前編】

「エンタメ業界はこれからどうなるの?」 「よく耳にするけど、結局『DX』って何?」 「playgroundは今、何を目指してるの?」 昨今の新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、エンタメの興行開催に対する考え方は大きく変化しました。 今回は、スポーツ・エンタメの DX を推進してきた弊社代表の伊藤が語るエンタメ業界における現在の課題と今後の展望を、前編・後編に渡ってお送りします! playground設立の背景 ーまず簡単に、伊藤さんとplaygroundについてご紹介

スキ
10